Comfrey(コンフリー)

古くからヨーロッパでは、抗炎症剤や接骨剤として使われていました。日本には明治時代に家畜の飼料や食用として伝わり、昭和40年代に健康食品としてブームになりましたが、その後、肝臓を痛めると報告され、現在日本では食品としての販売は禁止されています。

肉厚で大きな葉には産毛のようなものが生えており、ゴワゴワとしていますが、い下を向いて垂れ下がるように咲く花は、淡い紫色で、とても儚く可愛らしいですよ。

名称

学名

  • Symphytum officinale

英名

  • Comfrey

和名

  • ニットボーン
  • ヒレハソウ

科名

  • ムラサキ科

属名

  • ヒレハリソウ属

原産地

  • ヨーロッパ
  • 西アジア

効能

成分

  • アラトイン
  • タンニン
  • 粘液質
  • トリテルペノイド
  • アスパラギン
  • アルカロイド
  • ピロリジン系アルカロイド
  • フェノール酸(ロスマリン酸)

期待される効果

  • 抗アレルギー作用
  • 口膣粘膜の炎症の改善
  • 疲労回復
  • 強壮作用
  • 胃健
  • 貧血予防
  • 創傷治癒
  • 糖尿病の改善
  • 切り傷

適応する症状

  • 胃潰瘍
  • 大腸炎
  • 抗炎症
  • 接骨
  • 花粉症

注意

  • 肝障害の報告あり、食品としての摂取することに注意喚起しています

おまじない

ジェンダー

  • 女性

支配惑星

  • 土星

支配元素

パワー

  • 旅の安全
  • 金運

おまじない

  • 身につけたり持ち歩くと、旅先での身の安全が守られる
  • スーツケースに入れておくと紛失や盗難に遭わずにに済む
  • 根は金運アップ

栽培

タイプ

  • 多年草

耐寒性

  • 耐寒性(-15度で越冬)

適した土壌

  • 半日陰

高さ

  • 120cm程

  • 100cm程

増やし方

種まき時期

植え付け時期

収穫時期

  • 初夏〜