Nettle(ネトル)

葉にも、茎にも小さな棘がびっしりと生えていて、素手で触ると、火傷をしたようなヒリヒリとした痛みがはしります。生葉の状態では扱いの難しいハーブですが、その効能は多様で、アレルギー、貧血、関節炎など様々な症状に活用できる素晴らしいハーブです。

歴史

シーザーの軍勢がイギリスにネトルを持ち込んだのは、打った体を緩めるためと言われており、関節炎やリウマチの患部をイラクサで打つのは民間療法で使われていました。

名称

学名

  • Urtica dioica

英名

  • Stinging nettles

和名

  • 西洋イラクサ

科名

  • イラクサ科

属名

  • イラクサ属

原産地

  •  ヨーロッパからアジア

効能

成分

<葉>

  • フラボノイド
  • クロロフィル
  • ビタミン
  • ミネラル

<棘毛>

  • ヒスタミン
  • Leukotrienesなど

<根>

  • レクチン
  • リグナン
  • ステロールなど

期待される効果

<葉>

  • 滋養強壮
  • 体質改善
  • 収斂
  • 抗炎症
  • 抗アレルギー
  • 血糖低下
  • 母乳分泌促進
  • 利尿
  • 浄血
  • 造血
  • 止血
  • 循環刺激
  • 壊血病予防

<根>

  • 抗前立腺

適応する症状

  • 炎症や痛みの緩和
  • 湿疹
  • じんましん
  • 花粉症
  • 喘息
  • 貧血
  • 多月経
  • 疲労
  • スタミナ不足
  • 利尿作用
  • 痛風
  • 関節炎

注意

  • 花粉症には3〜5ヶ月ほど前から飲み始める
  • 中毒を起こす可能性があるため、生食は避ける
  • 葉や茎に細かいトゲがあるため、素手で触らない
  • 妊娠中、授乳中は使用禁止(要確認)
  • 心臓病、腎臓病からの浮腫がある人は使用禁止(要確認)
  • 外用した場合、使用部位にかゆみがでることがある(要確認)

味・香り

  • 軽い苦味

香り

  • 青臭い香り

使用

使用部位

主な使用方法

  • 精油
  • ハーブティー(関節炎、リウマチ、痛風、湿疹、母乳分泌、春の強壮薬)
  • ティンクチャー(関節炎、皮膚症状、過多月経)
  • 軟膏(痔)
  • 粉末(鼻血の際、粉末を鼻から吸入)

栽培

タイプ

  • 多年草

耐寒性

  • 耐寒性

適した土壌

  • 日当たり、水はけ、風通しの良い場所

高さ

  • 30〜100cm

  • 30〜50cm

増やし方

  • 株分け

種まき時期

  • 春 3〜6月(15~25℃)

植え付け時期

  • 春 6〜9月

収穫時期

  • 〜11月

保存方法

  • 乾燥して冷暗所で保存