Lemon balm(レモンバーム)

学名の「melissa」は、「ミツバチ」という意味のギリシャ語に由来しており、このハーブはハチミツやローヤルゼリーと同じ治癒強壮作用を持っていると言われています。また、「心を慰め、あらゆる悲しみを追い出す」、「若さの霊薬」と言われ、様々な効果が期待できるハーブです。

名称

学名

  • Melissa officinalis

英名

  • Lemon balm

和名

  • セイヨウヤマハッカ
  • コウスイハッカ

科名

  • シソ科

属名

  • セイヨウヤマハッカ属

原産地

  • 南ヨーロッパ

効能

成分

  • 精油(Citoronellal、Citaral、Geranial、β-Caryophylleneなど)
  • フェノール(Rosmarinic acid、Caffeic acid、Chlorogenic acidなど)
  • シソ科タンニン
  • 苦味質
  • フラボノイドなど

期待される効果

  • 駆風
  • 鎮静
  • 神経回復
  • 鎮痙
  • 発汗
  • 抗ウィルス(特にウィルスHVS)

適応する症状

  • 不安
  • 緊張
  • 落ち込み
  • 不眠
  • 神経過敏
  • 神経疲労
  • 神経性の胃の痛み
  • 消化不良
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • お腹の張り
  • 過敏性腸症候群
  • 頭痛
  • 風邪の引き始め
  • 甲状腺機能亢進症

<外用>

  • 口唇ヘルペス

注意

  • 妊娠中・授乳中は使用に注意

味・香り

  • サッパリとした味
  • ほのかな苦味

香り

  • レモンのような爽やかな香り

使用

使用部位

  • 地上部(開花直前)

主な使用方法

  • 精油(オイルや軟膏に混ぜて、虫刺されや虫除けに)
  • 蒸留水
  • ハーブティー(抗鬱、神経衰弱、消化不良、悪心、風邪やインフルエンザの初期症状)
  • ティンクチャー(抗鬱、神経衰弱、消化不良、悪心、風邪やインフルエンザの初期症状)
  • インフューズドオイル(鬱、緊張、喘息、気管支炎にマッサージオイルとして)
  • マッサージオイル(オイルに精油を混ぜて、緊張や胸部症状に)
  • 軟膏(腫れ物、虫刺され)

栽培

タイプ

  • 多年草

耐寒性

  • 耐寒性

適した土壌

  • 木陰程度の方が良い
  • 風通しの良い場所

高さ

  • 〜50cm

  • 〜100cm

増やし方

  • 株分け

種まき時期

植え付け時期

収穫時期

  • 開花の直前

保存方法

  • 乾燥して冷暗所で保存