Hyssop(ヒソップ)

軽やかで爽快な香りと、紫色の小さな花が可憐なヒソップ。滞った箇所に風を吹き込むように、咳や痰などの呼吸器系のトラブルや、消化不要やお腹の腫れなどの消化器系、ヒステリーや不安などの神経系など様々な症状に効果を発揮してくれるハーブです。

歴史

ギリシャ語の「アゾブ(神聖なハーブ)」が語源。ヒポクラテスは助膜炎に、ディオスコリデスもぜんそくとカタルに推奨しており、昔から薬用ハーブとして使われてきました。

名称

学名

  • Hyssopus officinalis

英名

  • Hyssop

和名

  • ヤナギハッカ

科名

  • シソ科

属名

  • ヤナギハッカ属

原産地

  • 南ヨーロッパ、中央アジア

効能

成分

  • 精油(cis-Pinocamphone、β-Pinene、t-Pinocamphone、Camphor 、Thujoneなど)
  • テルペノイド(Marrubiin、Ursolic acid、Diterpenなど)
  • フラボノイド(Diosmin、 Hesperidinなど)
  • タンニン
  • 樹脂

期待される効果

  • 去痰(気管や気管支にたまった痰を除去)
  • 駆風
  • 発汗
  • 抗カタル
  • 鎮痙
  • 鎮静
  • 収斂

適応する症状

  • 気管支炎
  • 呼吸器系の炎症
  • 風邪やインフルエンザに伴う鼻づまり
  • お腹の膨張感
  • 消化不良
  • 痙攣性の痛み
  • ヒステリー
  • 不安

注意

  • 妊娠中は使用を避ける
  • 授乳中は多量使用を避ける
  • 精油は乳幼児、妊娠、授乳中、転換患者は使用を避ける

味・香り

  • 軽い苦味

香り

  • 爽やかな軽い香り

使用

使用部位

  • 地上部

主な使用方法

  • 精油(気管支炎にはオイルに薄めて胸部に、神経消耗・鬱・悲哀感には浴槽に)
  • 蒸留水
  • ハーブティー(風邪やインフルエンザの初期症状、胃もたれ、神経性の胃症状)
  • ティンクチャー(気管支炎、風邪)
  • シロップ(花のみの浸剤で作り咳に)

栽培

タイプ

  • 多年草

耐寒性

  • 耐寒性

適した土壌

  • 日当たり、水はけ、風通しの良い場所

高さ

  • 〜100cm

  • 〜50cm

増やし方

  • 株分け

種まき時期

植え付け時期

収穫時期

  • 開花時

保存方法

  • 乾燥して冷暗所で保存