Echinacea(エキナセア)

薬用のみならず、観賞用にも様々な種類があるエキナセアですが、薬用として使われるのは、Echinacea angstefolia、Echinacea purpurea、Echinacea pallidaの3種類のみ。免疫のバランスをとる効果に優れ、風邪やインフルエンザや、傷口の治療に使われます。

歴史

古くから、アメリカの先住民族が蛇の咬み傷、熱病などの病気に用意ていたエキナセア。風邪やインフルエンザの薬として植民者たちにも薬用として使われるようになりました。また、19世紀に発展した折衷医学でも盛んに利用されるようになり、今に至ります。

名称

学名

  • Echinacea angstinfolia
  • Echinacea purpurea

英名

  • Echinacea

和名

  • ムラサキバレンギク

科名

  • キク科

属名

  • エキナセア属

原産地

  • アメリカ東部

効能

成分

  • 多糖体
  • カフェ酸誘導体(agngstenfolilaとpalidaのみEcihnacoside、purpureaにCichoric acid)
  • アルキルアミド(angstenfoliaに多く含まれる)
  • 精油
  • ピロリジンアルカロイドなど

期待される効果

  • 免疫調整
  • 免疫賦活(免疫機能を活性化させ,低下している防御力を増強させる)
  • 浄化
  • リンパ系の浄化と活性
  • 創傷治癒
  • 抗菌
  • 抗ウィルス
  • 消炎
  • 催唾剤

適応する症状

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 気管支炎
  • 膀胱炎
  • 泌尿器感染症
  • 扁桃腺炎
  • 慢性の感染症
  • リンパの腫れ
  • 湿疹
  • ニキビ
  • 腫瘍

注意

  • キク科アレルギーのある場合は使用しない
  • 免疫抑制剤を服用している場合は禁忌となる場合がある
  • 体質的にアレルギーの出る場合も稀にある

味・香り

  • わずかに感じる自然な甘み(ドライリーフ)

香り

  • 干した草の香り(ドライリーフ)
  • 青臭い香り(フレッシュリーフ)

使用

使用部位

  • 地上部

主な使用方法

  • 蒸留水
  • ハーブティー
  • ティンクチャー(インフルエンザ、悪寒、尿路感染症、食中毒、毒ヘビの咬み傷)
  • クリーム
  • 煎じ薬(感染症の急性期に根の煎じ薬)
  • 洗浄剤(煎じ薬か薄めたチンキで傷を洗う)
  • うがい薬(喉の痛みにチンキを薄めてうがい)
  • 粉末(皮膚の感染症)

栽培

タイプ

  • 多年草

耐寒性

  • 耐寒性

適した土壌

  • 日当たり、水はけ、風通しの良い場所

高さ

  • 〜100cm

  • 〜60cm

増やし方

  • 株分け

種まき時期

植え付け時期

収穫時期

  • 開花時

保存方法

  • 乾燥して冷暗所で保存