Calendula

日本人の私たちにも馴染みのあるカレンデュラ(マリーゴールド)。鮮やかなオレンジ色をした花びらは見ているだけでも元気にしてくれますが、薬用効果としては、消炎、創傷治癒などの効果に優れ、内服にも外用にも活躍してくれる頼もしいハーブです。

名称

学名

  • Calendula officinalis

英名

  • Marigold

和名

  • トウキンセンカ

科名

  • キク科

属名

  • キンセンカ属

原産地

  • 南ヨーロッパ

効能

成分

  • 苦味質
  • カロチノイド色素
  • 多糖類
  • 樹脂
  • フラボノイド
  • フィトステロール
  • 精油
  • サポニン

期待される効果

  • 消炎
  • 創傷治癒
  • 抗バクテリア
  • 抗真菌
  • 抗ウィルス
  • 免疫力促進
  • リンパ系の活性と浄化
  • 穏やかな発汗
  • 鎮痙
  • 収斂
  • 止血
  • 月経調整
  • 担汁分泌促進

適応する症状

  • 傷、アトピー、湿疹などの肌トラブル
  • 胃腸の炎症
  • 口内炎
  • 歯肉炎
  • 風邪
  • インフルエンザ
  • リンパ腺の腫れ
  • 月経不順
  • 乳腺炎

注意

  • キク科アレルギーのある場合は使用しない
  • 妊娠初期の多量使用は避ける

味・香り

  • ああああああ

香り

  • ああああああ

使用

使用部位

主な使用方法

  • 精油(精神不安、抗鬱には浴槽に数的、カンジダには座薬)
  • ハーブティー(更年期障害、月経痛、胃炎、食道炎)
  • ティンクチャー(肝臓、消化力低下、月経不順、月経痛)
  • インフューズドオイル(しもやけ、痔、毛細血管の出血)
  • クリーム(皮膚の炎症、乾燥、傷、乾いた湿疹、かさぶた、日焼け)
  • 湿布(傷や腫瘍にはガーゼに浸剤を浸して)
  • マウスウォッシュ(口内の腫瘍や歯肉の病気には浸剤でうがい)

おまじない

ジェンダー

  • 男性

支配惑星

  • 太陽

支配元素

パワー

  • 守護、予知夢、法律問題、超能力

おまじない

  • 太陽が最も強い正午に積むと心が強くなり同時に癒される
  • 花冠を戸口の側柱に吊るしておくと、悪霊が家の中に入れなくなる
  • ベットの下に巻いておくと、眠っている間守ってくれ、その時に見た夢を実現してくれる。
  • あなたから何かを盗んだ泥棒を見つけられる(予知夢)
  • お風呂に入れると、出会った全ての人から尊敬され、賞賛される
  • ポケットに入れておくと、裁判では有利な判決が下される
  • 少女が素足のまま花びらに触れると、鳥の言葉がわかるようになる

栽培

タイプ

  • 一年草

耐寒性

  • 耐寒性

適した土壌

  • 日当たり、水はけ、風通しの良い場所

高さ

  • 〜80cm

  • 〜60cm

増やし方

種まき時期

植え付け時期

収穫時期

  • 開花時

保存方法

  • 花びらを乾燥して冷暗所で保存